『Cafe Ano』(カフェ アノ)2018.5.12

A friendly family.jpg

 

夢のようなケーキとアイスに

出会える カフェ

 

small bazaar.jpg

九頭龍公園の入口付近で開かれていた小さなバザール

 

駅の長い階段を降りて改札を抜け、あらかじめ調べておいた道を左に折れるとすぐに片側3車線の広い通りへでた。

道路両側に石畳が敷かれた広い歩道が東西に伸びている。

日陰をさがしたが傾きかけた陽は街路樹に繋がれた凧のように道路の真上で輝いている。

仕方なく歩道を向こう側に渡って東に向かって歩きはじめた。

 

cafe located on the slope.jpg

坂の上のカフェ

 

見知らぬ国の見知らぬ街角。

街の佇まいが何処か違う国へ来たような感じだ。

そんな錯覚に陥り、戸惑ながらもなんだかすこしうれしい気持ちになる。

旅歩いた季節から遠ざかって、もう何年になるだろう・・・。

また、そんなことを考えていた。

飛べない鳥の空は晴れ渡っているというのに・・・。

なんて失礼な空だ!

 

gateau chocolat and ice coffee.jpg

ガトーショコラとほうじ茶のアイスとアイスコーヒー

 

川崎街道と鎌倉街道が交差する場所に来た。

道はゆるいカーブを描きながらなおも東に向かって伸びている。

このなだらか坂を登ってゆくと右側あたりに間もなく見えてくるはずだ、

『Cafe Ano』(カフェ アノ)が・・・。

 

inside the store where the afternoon sunlight is inserted.jpg

午後の陽ざしが差し込む店内

 

扉の左側のスペースに2人掛けのテーブルが3つ、

右側に2人掛けのボックス席が四つ・・・

だったかな・・・。

左右2つのフロアに挟まるようにひっそりとカウンターがあり、内側がキッチンスペースになっていた。

 

menu "gateau chocolat".jpg

メニュー「ガトーショコラ」

 

左側のフロアの床にどろんとしたママレード色の西陽があたってほのかにツンとした柑橘系の匂いを放っている。

まるでマグリットの絵の中に飛び込んでしまったかのようだ。

 

lamps like fireflies.jpg

店内を照らす蛍のようなランプ

 

店内を見渡すと人の気配がなかったが、

カウンターの向こうに目を向けると小さな顔が見えた。

目が合ってビクッとする。

『Cafe Ano』オーナーの深谷さんだった。

20代半ばくらいかな・・・?

そう判断したがもうすこしうえかもしれない。

「星の王子様」のようなあどけなさがお顔にのこっていて、ぜんたいを優しさのオーラが包んでいる。

 

fukaya, the owner.jpg

オーナーの深谷さん

 

「写真撮ってもいいですか?」

ケンさんがこうたずねると、

やさしく頷いてくれた。

 

menu "yogurt cake".jpg

メニュー「ヨーグルトケーキ」

menu "coffee".jpg

メニュー「コーヒー」

party menu.jpg

パーティーメニュー

lunch menu.jpg

ランチメニュー

 

正直に白状すると・・・、

失礼だけど・・・、

これからお願いするものの味に期待はしていなかった・・・。

しかし・・・!

ガトーショコラとアイスコーヒーをお願いしてみた。

それに、ほうじ茶のアイスを添えて・・・。

「ほうじ茶のアイス」は、初めて遭遇する味覚だった。

その、意外で見事な美味しさにつよい衝撃を受ける!

凝縮されたほうじ茶のカラッとした茶葉の鮮烈で芳醇な香りがミツバチのようにケンさんの低い鼻のまわりを飛び交っているようだ。

・・・これ(ほうじ茶のアイス)を思わず追加注文する。

「ガトーショコラ」は、良質のチョコレートがむっちりと詰まった・・・これはケーキと言うより羊羹に近い食感・・・の中身をパリッとしたアーモンド色のアイシングが覆っていて、そのシックなすがたも美しい。

鼻腔を通過するチョコレートの芳香に思わずうっとりとなる!

アイスコーヒーはほとんど飲まないケンさんですが、アイスコーヒーの深淵に触れたように感じました。

 

various desserts.jpg

デザート各種

 

利用されるお客さんのほとんどは近隣の人ということですが、

それだけでは✖️➕➖➗♥️❌⭕️のような気がします!

こんどは、他のメニューもぜひ、

左から順番に一通りぜんぶ試してみたい!!

そんな気持ちにさせるカフェです!

 

various classroom information.jpg

各種教室案内

 

『カフェあるき』をしていると、ときどき、こういう思いがけない美味しい「カフェ」に出逢えるのでやめられません!

ケンさん!

超おすすめのカフェです!

 

"cafe ano" appearance.jpg

『Cafe Ano』外観

 

『Cafe Ano』(カフェ アノ)

基本情報:

所在地:多摩市連光寺3丁目1−12

営業日 :

営業時間:10 : 00 〜 18 : 00
     [ランチ]
     11 : 00 〜 14 : 00

定休日:日・月

でんわ: 042 – 356 – 1090

オープンから:1年半

最寄駅:京王線 聖蹟桜ヶ丘駅

 

ランチもぜひ、食べてみたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう