mametora kitchen(まめとら きっちん)2018.8.25

countertop chandelier.jpg

 

カフェ

イベント

リサイクル

一体型のリバーサイド カフェ

 

large glass case with salad and sandwich.jpg

サラダとサンドイッチの大きなガラスケース

 

真っ青な空が広がっています。

いつもの夏なら川沿いは風が吹いて、

秋の気配を感じる時期ですが、

きょうも命に危険を感じるほどの猛暑です。

 

menu on the wall.jpg

ケースヨコのカベに貼られたメニュー(部分)

 

きのう、

『cafe de fleurus 27』さんで知り合いになったお客さんご夫妻に教えていただいた

『mametora』さんを訪ねています。

 

sandwich on the middle of the case.jpg

ケース内中央上のサンドイッチを選んでみました

 

このようなタイプのお店が現れ始めたのはいつ頃でしょうか?

ケンさんが知らないだけで以前からあったのかもしれません。

 

firmly baked bread in the oven.jpg

「白身魚のヨーグルトソース」をおねがいしました。ふっくらした白身魚の香りが美味しい! パンは流行りのマシュマロのような歯ごたえの無いパンではなく、オーブンでしっかりと焼かれた味のあるパンがうれしい!

 

「カフェ」

「イベント」

「リサイクル」

これらがひとつの空間にまとまっているのはおもしろいですね!

 

self-service drinks are free.jpg

サンドイッチを注文すると、このセルフサービスのドリンクが無償で付いてきます

 

「カフェ」
入口の扉を開けると前に大きなガラスケース。なかに数種類の美味しそうなサラダのボウルとサンドイッチが・・・。もちろん、コーヒー類もオーダーできます。

「イベント」
ハートは好きですか展が開催されていました。展示会場には当展担当でサイエンスライターの伊沢尚子さんが展示内容について詳しく解説してくださいました。

「リサイクル」
主に婦人用の衣類などが展示されています。

 

naoko Izawa who is in charge of exhibition.jpg

「ハートは好きですか」展担当の伊沢尚子さん

exhibition sale.jpg

「リサイクル」(主に婦人用)展示販売

exhibited picture book.jpg

カウンター内の書棚に展示(販売?)された絵本

 

『mametora』さんの特徴を思いつくままにいくつか揚げてみます。

1. 広いカウンター席は「妙」に落ちつく。

2. お店スタッフさんのお客さんに対する距離感が心地よい。

3. サンドイッチは、食材にこだわりがあり、ボリュームがあって、美味しい。

4. 価格の設定が良心的。

5. 庶民的な心地よさがある。

6. 駅からの距離と桜通りの風景が素晴らしい。

7. しらさぎが舞うリバーサイド。

 

"seiseki sakuragaoka post office" on sakura street.jpg

『mametora』付近、サクラ通りの「聖蹟桜ヶ丘郵便局」

 

個性派系のカフェ『mametora』さん

の存在を教えてくださった、

『cafe de fleurus 27』さんで

知り合いになったお客さまご夫妻に、

改めて感謝いたします。

 

"mametora" appearance.jpg

リバーサイド カフェ『mametora』外観

 

『mametora kitchen』
(まめとら きっちん)

基本情報:

所在地:多摩市関戸 4 – 34 – 15

営業日 : 火~日曜日(日曜営業)

定休日 : 月曜日

営業時間:11 : 00 ~ 20:00

でんわ: 042- 355 – 3699

喫煙席:全面禁煙

オープン:年

最寄駅:京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅徒歩約7分

ホームページ:http://mametra.shop-pro.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう