カフェ ペルレイ『PERLEI』2018.11.10

sheet music of glass.jpg

 

透明なガラスの砂浜に

青いガラスの波がうち寄せる

白いガラスの部屋

 

hat with ribbon.jpg

リボンのついたボウシとコーヒー

 

西武線所沢駅は小金井から秩父方面の山へ行くときに乗り換えるための通過駅でした。

 

there is a blue stained glass on the floor.jpg

磨かれた床が窓の青いステンドグラスを映している

 

所沢市の2017年の人口統計を見ますと、凡そ34万人。

小金井市の約3倍。

乱暴に言えば八王子市の半分強に匹敵する巨大都市です。

 

front and counter seat.jpg

フロントとカウンター席を分けるアーチのカベ

 

西武線所沢駅は素人目に見ると新しく建て替えられたばかりのように大きく立派に見えるのですが、

第1期工事(2018年3月東口開業)と第二期工事(2020年夏頃開業予定)の二回に分けて開発が進められている過程にあるそうです。

 

waiting seat (left) and entrance.jpg

ガラスの五線譜が隔てる待ち席(左)とエントランス

 

ですが、

外観的骨格はほぼ完成しているように見えます。

 

a sofa seat installed at a place descending from the floor one level.jpg

フロアから一段降りた場所に設置されたソファー席

 

11月9日金曜日、

夕刻の所沢駅前西口の商店街は人で賑わっています。

 

blue flower stained glass.jpg

花瓶の肩に自分を映して悦に入るランプと美味しそうな大福もちをじっと見つめるカマキリ

 

カフェ『PERLEI』は商店街からすこし横道に逸れた場所にありました。

道の突き当たりは茶色い土の露出した広い駐車場のようです。

 

in-store landscape where the focus of the camera lens is not fixed.jpg

潮騒のようなざわめきが聴こえるフロアにカメラレンズが風景の焦点を定めかねています

 

教会のようなファサード

その扉をやさしく抱く白い漆喰の門。

そこに二階へとつづく階段がありました。

 

a description of the publication written on the glass.jpg

ガラスの五線譜の下に出版物についての説明文でしょうか・・・この出版物は二つの要素から構成されている? といったような内容が書き込まれているようですが、読みとれません。この次はお店のスタッフさんに尋ねてみたいと思います

 

わたしが階段の前に立つと上から人が降りてくる足音が聞こえてきた。

身なりの整った中年の女性だった。

女性はベージュ系のシックな洋服に身を包んでいた。

 

counter and kitchen.jpg

ランプの灯りを映すカウンターとその奥に厨房

 

カフェ『PERLEI』

これから訪問しようとしているカフェ。

 

wall inside the arcuately cut shop.jpg

アーチ形に切り取られた店内を仕切る壁

 

商店街の通りの方から2人連れの女性がこちらに向かって歩いてくる・・・。

わたしは階段の前から身を逸らせた。

2人の女性はわたしのヨコを通り軽やかな足取りで階段を登っていった。

 

external light dyed in the blue of the glass.jpg

ガラスの青に染められた外光が磨かれた床に反射して帽子の少女にすがたを変えようとしている

 

わたしはすこし躊躇した。

たぶん二階は女性客で賑わっているだろう。

お店の訪問を見合わせてこのまま駅に引き返そうか・・・。

大勢の女性客のなかにぽつんとわたしが一人・・・。

そんな風景を想像すると階段を上がってゆく勇気が萎えた。

 

the water of the glass shines like a lamp.jpg

グラスの水がランプの様に輝いている

 

商店街の方から、

また女性が近づいてきた。

そしてさっきの人と同じように階段を登っていった。

軽快な足取りが浮き浮きしているように見える・・・。

二階はどんな空間が広がっているんだろう?

階段の上を見上げては想像を巡らせた。

 

super bitter coffee.jpg

初めて出会った超ビター系のコーヒー。一口含むとケーキのメニューを見たくなる

 

下から見える二階の壁は全面ガラスだった。

目を凝らすとガラスに五線譜が刻まれていた。

そこにどんな曲が刻印されているんだろう?

讃美歌だろうか・・・?

 

planter and stained glass.jpg

エントランスのプランターとステンドグラス

 

階段の傍に佇んで中空に張り出た看板の白いカップに描かれた

『PERLEI』

の文字をいつまでもみつめていた。

 

art deco mirror.jpg

レストルームに飾られたアールデコのカガミ

hand-cranked roaster.jpg

壁龕(ニッチ)に展示された手回し式の焙煎器

numbers showing opening times.jpg

オープン時期を示す数字とエントランスへつづく階段

tokorozawa station west exit station shopping street.jpg

西武池袋線所沢駅西口駅前商店街

seibu ikebukuro line tokorozawa station west entrance.jpg

西武池袋線所沢駅西口夕景

 

『カフェ ペルレイ(PERLEI)』

基本情報:

所在地:所沢市日吉町3丁目 6

営業日 : 日 ~ 土

定休日 : なし

営業時間:11 : 00 ~ 19 : 00

でんわ:04 – 2924 – 6688

席数:たくさんあります

喫煙席:なし

オープン:1938年

建造物:年

最寄駅:西武池袋線保谷駅
    西口より徒歩約5分
(アクセス)距離約 150メートル
      
URL:なし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

Autor : ケン 東京都小金井市在住 個性派系カフェブロガー 個性派系カフェを探して武蔵野界隈に出没中