カキノキテラス 2018.3.27

lily blooming in the past.jpg

 

ざわめきの中に

往時の女性たちの

ささやく声が聞こえる

いにしえの カフェ

 

in time passed.jpg

過ぎ去った時間のなかで

 

『カキノキハウス』のソファーでカツカレーを一口食べてはその美味しさにうっとりして、そのはずみで外をぼんやり眺めている。

そんなことをくりかえしているとき、

 

distant past lights.jpg

星灯り

 

「ケンさん・・・」

遠くで女性の呼ぶ声が訊こえる

天使のような透きとおった声・・・

 

fruits from the tohoku region.jpg

東北地方から届いた果実

 

声の方を見ると『金多屋』オーナーの加藤さんが立っていた。

わたしは自分の世界に入ってしまうと視界と聴覚が完全に失われてしまう。

目の前に先日お会いしたばかりの加藤さんのお顔をしっかり認識するまでいく人かの顔が右から左に流れていった。

顔とお名前が一致するまでどれくらいの時間が過ぎたのだろう。

 

natural light and artificial lighting.jpg

自然光と人工の灯りのなかで

 

「このお店を出て左へ歩くと川の土手が見えます。川沿いを右へすこし行ったところに『カキノキテラス』というこのお店の姉妹店があるから、行って見てはどうですか?」

『カキノキハウス』を訪問したその日、

加藤さんにそうすすめられたのでした。

 

soft light surrounded by thick beams.jpg

太い梁に囲われたやわらかな儚い灯り

 

田町は、すこし前まで花街があった地域だそうです。

そこで、すこしだけ調べてみることにしました。

市役所の資料をあたって見ましたが、詳しい文献類は遺されていないようです。

ですが、全く失われてしまったわけではありません。

そこで、遺された僅かな手がかりをたぐり寄せて田町「遊郭」の内側へほんのすこし迫ってみたいと思います。

 

a glimpse of the kitchen.jpg

厨房を垣間見る

 

田町の遊郭が八日町や横山町から大火のため集合移築されたのが明治30年とあります。

その頃(明治24~25年の資料)の貸し座敷業すなわち、

遊郭は18戸

娼妓・芸妓合わせて198人

遊客(お客)51100人

となっています。

遊郭で使われた金額を上記資料より計算してみますと、膨大な額のお金がここに流れていたことが容易に想像できます。

娼妓・芸妓の多くは東北地方の農家の娘(多くは14・15~20歳前後)さんだったと記されていました。

以上、田町「遊郭」についてささやかですが触れてみました。

 

coffee jelly parfait.jpg

『オバケのピーコ』さん(若い人はわからないかもしれません)を思わせる可愛いすがたの「コーヒーゼリーパフェ」。お味もとてもコケティッシュ!

katsu curry set.jpg

『カキノキテラス』カツカレーセット。
カツ、カレー、ごはん! あまりの美味しさに絶句しましたね!!

"kakinoki terrace" information.jpg

『カキノキテラス』あんない

 

八王子駅周辺に展開するカフェの多くは北口側に集中しています。

『カキノキテラス』さんのある田町はJR八王子駅から北方向に直線距離で約1600メートルのところです。

お昼どきの時間帯をすこしずらせて『カキノキテラス』さんにお邪魔しました。

その前にお店の周りを散策してみました。

田町のこの大通りの両側に遊郭が軒を連ねていたのでしょう。

メーン道路はほかの地域のそれより幅が大きく設けられているのが見て取れます。

この地域の周りに幅四尺(120センチ)ほどの堀が巡らされていたと資料に残されていたので、遺構などの痕跡がどこかに確認できないか辺りを巡り歩いてみましたがみつけることはできませんでした。

 

main street in tamachi.jpg

田町のメーンストリート(アベニュー)

 

上の画像の道路右側建物群中央付近に古い日本家屋が見えます。そのすぐ手前が『カキノキテラス』さん。

 

"kakinoki terrace" inside the shop.jpg

お客さんが引けかかった昼下がりの『カキノキテラス』店内

watch the kitchen from near the entrance.jpg

入口付近から厨房を見る

incorporated beam and exposed ceiling board.jpg

組み込まれた梁と露出したままの天井板

terrace seating.jpg

『カキノキテラス』テラス席

"kakinoki terrace" entrance.jpg

『カキノキテラス』玄関

adjacent shrine.jpg

『カキノキテラス』に隣接された古い「祠」。いにしえに、誰が何を祈ったのだろう

on the banks of asakawa.jpg

浅川の流れのほとりで

 

『カキノキテラス』さんをでて、うらの土手に上がってみた。

浅川の岸辺で遊ぶ子どもたちの嬌声がせせらぎのなかに反響していた。

 

'kakinoki terrace' the front entrance.jpg

『カキノキテラス』表玄関

 

『カキノキテラス』

基本情報:

所在地:八王子市田町 5 – 1

営業時間:11 : 00 ~ 21 : 00

定休日:なし

でんわ:042 – 634 – 8186

オープン:2015年8月10日

最寄駅:JR & 京王線 八王子駅

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

Autor : ケン 東京都小金井市在住 個性派系カフェブロガー 個性派系カフェを探して武蔵野界隈に出没中