町家カフェ 金多屋(kanetaya)2018.3.13

signboard.jpg

 

ほとんど女性客

だけど、金曜日

ときどき男性客

 

shaker ice machine.jpg

時期を待つカウンター中央のかき氷機

 

一週間前は京王線で来ましたが、

きょうはJRに乗ってきました。

空の青が濃さを増して気温が高くなっています。

まだ3月半ば手前だというのに、

まるで初夏のようなポカポカ陽気です。

 

hot ginger.jpg

ホットジンジャー

 

ついこないだまで日本列島の半分が雪の中に埋まっているような状態だったのに・・・?

 

staff in operation.jpg

キッチンで作業に集中するスタッフさん

 

『cafe rin』の店主 小松さんが先日教えてくれた個性派系カフェ

『町屋カフェ 金多屋』さん
(まちやカフェ かねたや)

をきょうは訪ねます。

 

ken business card.jpg

え~~、これがケンさんの名刺?!

 

『町屋カフェ 金多屋』さんは立派なホームページがありますので、本ブログでは、今回は、やわらかく触れるくらいにとどめ、ご紹介させていただくことにしたいと思います。

 

interesting.jpg

へえ~~っ、面白い!

 

小松さんに先日戴いた『町屋カフェ 金多屋』さんのギャラリーの案内ハガキに印刷された住所を辿りながら・・・、

ありました!

すぐにわかりました!

北口を出て、5~6分です。

 

"kanetaya" signboard.jpg

デッキ席のまえに置かれた『金多屋』さんのカンバン

 

ホームページを閲覧しますと、築67年の一軒家とあります。

存在感あふれる二階建ての立派な一軒家。

やはり目をひきつけます。

改装されていることもあってでしょうか、堂々とした風格があり、遠い過去と、現在とが混在した不思議な魅力が建物全体にただよっています。

ただならぬ魅力を感じるのですが、ケンさんすぐにドアを開けられません! 

どうしてでしょう?

すこし距離を置いて、入口ドアのガラスに目を凝らして・・・、

じっと店内をうかがってみると・・・、

女性ばっかり!

うわーっ

しばし呆然、

お店の前を行ったり、来たり、

意を決してドアを開けました!

やはり、お客さんもお店のスタッフさんもみんな女性です。

何気ない風を装って、左側のカウンター席のいちばん突き当たりに逃げこむように座らせていただく。

自分でもなんとなくおかしいのですが、

キンチョーしてます!

B3判のおおきなメニュー兼パンフレットで未発達の小さなアタマ(以前、医者から指摘を受ける)を覆い隠して、しばらくじっと辺りを警戒し、うかがっている・・・、

捕らわれた宇宙人のように??

 

salad lunch.jpg

「サラダランチ」スープ付き

 

メニューにある、3種類のランチのなかから、一つは売り切れとのこと・・・、

「本日のサラダボウル スープ付き」

をたのみました。

パンフレットの「旬の美味しい野菜」に目を通してみると、「医食同源」、「地産地消」、などの文字が躍っています。

手の混んだドレッシングを3種ご用意いただきましたが、

どれもとても美味しいドレッシングですが、

とくにタマネギと人参のドレッシングが・・・!

ですが、

サラダにはなにもかけずそのままいただきました。

太陽のエネルギーをいっぱい浴びて健康な畑で育った迫力ある生の野菜の味・香りが口の中でシビレルほどに美味しい!

長ネギのシロップ煮(ラズベリーかな?)はとても面白い味・食感です。

味覚がびっくりして、目の玉でんぐり返りました!

ご飯は玄米です。

むっちり、ふっくらして、炊きたてのもち米のよう。

歯と歯の間でプチっという音を立ててつぶれる玄米の悲鳴に似た叫びが病みつきになって、同じ動作をなかなか止めることができません。玄米のツブは噛めば噛むほど口のなかで美味しくなるので、いつまでももぐもぐやっています。

咀嚼にじかんがかかります。

これが健康のためにいいのですね。

玄米は、よく噛めばお通じたいへん効果的、

と一般的に言われています。

太陽エネルギーを体内に摂り込んでいるという実感がわいてきます。

カボチャのスープは、上品な甘さで、牛のような長い舌があったらカップの底まで舐めるところでした!

 

boiled onion syrup.jpg

ラズベリー(たぶん、もしかすると?)味のネギの甘いシロップ煮

 

金曜日限定

「金多屋特製カレー サラダ付き」

850円

の日は、男性客で賑わうそうです。

ケンさんもぜひ、食べてみたい!!

 

an owner with an architect.jpg

オーナーで建築士の加藤さん

 

しっかり取材できていませんし、

文章書けていません!

申し訳ありません!

この次は、写真くらいはちゃんと撮りたいと思います。

第二次大戦直後、資材が不足していてミカン箱を解き、それを屋根の板材に使った(加藤さんのご説明)。そのむき出しの天井屋根の歴史に耐えてきた目を奪われる魅力的なハダカのすがたをぜひカメラに納めてブログに掲載させていただきたいと思います!

スタッフの皆さんやさしく、

そしてまた、優しく接してくれます!

編集後記:反省あるのみ!

 

ms. hiraoka, manager.jpg

店長の平岡さん

 

『町家カフェ  金多屋』(kanetaya)
基本情報:

所在地:八王子市横山町 1 – 11

営業時間:11 : 00 ~ 18 : 00(L. O.17 : 30)

定休日:日曜・祝日

でんわ:042 – 649 – 3300

オープン:2017.8

最寄駅:JR  &  京王線    八王子駅

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう