陶くん房(とうくんぼう)2918.5.4

 

陶芸家の店主さんがいる カフェ

 

shop owner's pottery work.jpg

通り側の窓に陳列された店主さんの陶器の作品

 

カフェの店内を飾る(ディスプレイする)ツールとして食器類はもっともふさわしいアイテムのひとつではないでしょうか?

それがもし、自分の手によってつくり出された作品だとしたら、これ以上の満足は得られないでしょう!

 

afternoon sun and floor stripes.jpg

午後の陽と床の縞が交錯して V サインを象づくっている

 

それを実現したカフェがあります。

そうです。

きょうお伺いした『陶くん房』、その店主さんです。

店内にディスプレイされたすべての陶器類が店主さんの作品によるものです。

 

window pottery.jpg

窓辺に飾られたうつわ類

 

「陶器をはじめたのが先だったんです。
つくった陶器をどこかに陳列したい・・・。
そこで、カフェをはじめたのです」
(店主さん)

「どれくらい前にカフェをはじめられたのですか?」
(ケンさん)

「・・・そうですね、もう26年ほど前になりますね・・・」
(店主さん)

 

pottery works on the shelves inside the counter.jpg

カウンター内の棚にも店主さんの陶器作品が・・・

 

陶器のすきなケンさんは、お店に入ってコーヒーの注文もせず、店内にディスプレイされた品々を見てまわりはじめました。

ひとつひとつに付けられた値札の数字と作品を見比べて違和感をおぼえました。

値段が安いと思えたからです。

その理由をすぐ理解しました。

とにかく産地直売なのですから!

それにしても・・・。

 

"toukunbo" table menu.jpg

『陶くん房』テーブルメニュー

 

美味しい自家製のケーキをのせてお出ししてくださった、この地味な・・・だけど品があって、しかも毅然として凛とした「清貧」と言うことばがすがたを変えたような砂色のお皿。

思わずジッと見入ってしまいます。

「清涼感のある美味しいケーキですね!」
(ケンさん)

「じつは、コーヒーも自信あります!」
(店主さん)

「もちろん、ふか~~い味わいの、美味しいコーヒーです!」
(ケンさん)

 

delicious coffee set.jpg

個性的な味覚の美味しいコーヒーセット

 

陶芸家でもある店主さんは、

ひとつとなりの駅「飛田給」で夜間、

陶芸教室も開いているそうです。

習いに行こうかな・・・。

 

outside view of the shop.jpg

『陶くん房』お店外観

 

『陶くん房 (とうくんぼう)』

基本情報:

所在地:調布市上石原2丁目29−6

営業日 :

営業時間:[月~水・金
      10 : 00 〜 19 : 00
     [土・日・祝]
      10 : 00 〜 18 : 00

定休日:木曜日

でんわ: 042 – 488 – 8312

オープンから:26年

最寄駅:京王線 西調布駅

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

Autor : ケン 東京都小金井市在住 個性派系カフェブロガー 個性派系カフェを探して武蔵野界隈に出没中