チャオエム カフェ 2017.12.22

vietnamese coffee.jpg

 

ベトナムコーヒーのカフェ

 

entrance.jpg

『チャオエム カフェ』入口

vietnam founding father.jpg

ベトナム建国の父「ホー・チ・ミン」のポスター

 

キッチンとフロアを仕切るカウンターの上に、

ベトナム建国の父「ホーチミン」のポスターが掲げられています。

 

master roy.jpg

マスターのロイさん

 

「お店をはじめられてから何年ですか?」

「8年とすこしです」

 

in-store 1.jpg

店内 1

 

「おいくつですか?」

「37歳です」

 

santa claus.jpg

サンタクロース

 

「日本に来られて何年くらいになるのでしょう?」

「約20年になります」

 

customers at the window.jpg

窓際のお客さんが帰られました

 

ケンさんは、

尋問のようなかたちにならないように、

失礼の無いように気を付けながら、

つづけます。

 

「ご家族は?」

「日本人の奥さんと、子どもが二人います」

 

roy who also performs the floor.jpg

フロアもこなすロイさん

 

「日本の暮らしはどうですか?」

「日本は大好きです!」

そう言って、うれしそうなお顔をしました。

 

curry set.jpg

日替わりカレーセット

 

メニューをみると

どれも美味しそうです!

迷いますね・・・。

日替わりカレーセットを

おねがいしました。

 

daily curry set.jpg

日替わりカレーセット

 

カレーは、タイカレーの風味をイメージしていましたが、どちらかといえば、日本のカレーに似ています。

ですが、かなり、スパイスが効いて・・・この匂いに刺激されて、ラオスのルアンプラバンを旅したころのことが蘇ってきました。
もう、ずっと前のことです。

タイの北の方の街・・・街の名前をもいだせません。そこから舟で大河メコンを渡って国境を越えました。
たしか・・・ラオスの「フェイサイ」という街だったと思う・・・ラオスに入って、そこからハイスピードボートでメコンを下り、ルアンプラバンに流れ着いたのです。途中、舟を乗り換えたりしていくつかの小さな村に立ち寄りました。村々には大きな樹が茂り木漏れ日が白い清潔な砂の上に雪のように落ちていました。メコンの流れのようにゆっくりとゆっくりと時間が流れていました。
チャオエム カフェの店内で感じたスパイスの利いたカレーのニオイに誘わて、そんな遠い旅の記憶が一瞬よみがえたったのでした。

 

there is a volume for.jpg

ボリュームたっぷりのフォー

 

フォーのメンをほぐそうとしましたが、

ほぐせばほぐすほど、

どんどん増えて器からはみ出してしまうので、ほぐしては食べ、ほぐしては食べ、を繰り返しメンをすこしづつ減らしながら食べました。

フォーだけでお腹いっぱいです!

カレーは、もう食べられないと思いまたが、

・・・、

完食しました。

『チャオエム  カフェ』さんのベトナムごはん、

ボリューム満点でヘルシー!

すごく美味しいごはんです \(^o^)/

 

sweet tapioca.jpg

甘いタピオカ、たっぷり充分に味わえます

board menu.jpg

ボードのメニュー

vietnamese coffee pudding.jpg

『チャオエムカフェ』オリジナル・ベトナムコーヒープリン

 

ちょっとだけ、

レストルームへ入ってみます。

 

tropical mood restroom.jpg

南国ムード漂うレストルーム

 

レストルームは清潔感があり、

こまかな配慮が行き届き、

南国ムードがただよっています。

 

to clean up later.jpg

お客さんが帰られた後のかたづけをするマスターのロイさん

 

店内にディスプレイされたベトナムの製品をいくつか紹介していただきました。

 

vietnamese · instant coffee.jpg

ベトナム・インスタントコーヒー

dripper.jpg

ドリッパー。アルミ製と書いてありますが、薄手のステンレスだと思わます

virgin coconut oil.jpg

バージンココナツオイル

 

「バージンココナッツオイル」

「ベトナム・インスタントコーヒー」は

試してみたいと思います!

 

キッチンを覗かせていただきます。

 

master serving curry.jpg

カレーを盛るマスターさん

flowing performance.jpg

キッチンで流れるようなパフォーマンスを披露するマスターさん

pass through seibu shinjuku line.jpg

『チャオエム カフェ』のヨコの踏切りを通過する西武新宿線

 

日本に来られて20年。

日本の社会で生きてこられたロイさん。

その間、いくつもの大きな困難が立ちはだかったことは想像に難くありません。しかし、整った顔立ちの中に強い意志とただならぬ高い能力をうかがい知ることはできても、ロイさんの表情からはそれらを感じ取ることはできません。

ロイさんは、

「また、来てください」

と言って、ニッコリ笑った。

 

追記 : 

ベトナムコーヒーの・・・、
とくに味、
いちばん上のカップの画像見てください!
おいしいですよ~~っ!
旨いですよ~~っ!
どんなふうに美味しいのか、
それは・・・、
ナイショ

 

チャオエム カフェ』 :  基本情報

所在地: 〒187-0003 東京都小平市 花小金井南町1丁目27−11

時 間: 本日営業 ·
     11時00分~15時00分,
     17時00分~23時00分

電 話: 042-448-1264

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

Autor : ケン 東京都小金井市在住 個性派系カフェブロガー 個性派系カフェを探して武蔵野界隈に出没中