出茶屋(小屋)2017.12.21

 

花屋さんの カフェ

 

maple cookie, walnut scone.jpg

メイプルクッキー、クルミのスコーン

 

カフェあるきをしていると、そのお店のマスターさんから、周辺の個性的なお店の存在をおしえて頂くことがあります。

なかでも、最近、こんなお店をおしえて頂きましたのでご紹介したいと思います。

上のタイトルにある『出茶屋』さんです。

 

master.jpg

『出茶屋』(小屋)のマスターさん

 

『出茶屋』さんには、

移動型(リヤカーバージョン)と、

固定型(小屋バージョン)の

2種類があります。

今回は、固定型(小屋バージョン)をご紹介します。

 

flower and grass sandwich.jpg

花と草のサンドイッチ

 

地元小金井にこんなかわいい個性的なカフェがあったなんて気付きませんでした。

固定型(小屋バージョン)の『出茶屋』さんは今年(2017年)7月にオープンしたそうです。

 

cafe decorated with flowers.jpg

花に飾られたカフェ

 

場所は東小金井駅北側『スタジオジブリ』のとなり・・・分かりやすいですね!

さらに、『オリーブガーデン』という花屋さんの店先です。

はじめはこの場所に移動型(リヤカーバージョン)の『出茶屋』さんが、定期的に他所から移動して来てお店を開いていたそうです。

午前中に開店し、夜、お店を閉じてリヤカーを引いて帰ってゆく。

花のいとなみのような、なんとなく可憐に思えるかわいらしいカフェですね。

さて、小屋のお店を覗いてみましょう。

12月も半ばを過ぎた夕暮れ時、気温は急に下がりはじめます。

西の空に扇状の残照をパッと描いて・・・漁師さんが投網を投げるように・・・陽は奥多摩の山のなかに沈んでいったところです。

 

landscape in the hut.jpg

小屋の中の風景

 

間口の広い花屋さんの店先・・・。

ありました!

三畳一間ほどのかわいい小屋が・・・。

『出茶屋の小屋 & オリーブ ガーデン』と書かれた木製のカンバンにライトが当たっています。

小さな方の黒板メニューに、「おすすめ」として、
「北海道のホット山ぶどう」
「小金井で採れたホットゆず」

大きい方の黒板メニューには、
「珈琲」
「ホットサンド」
「焼き菓子」

11:00~18:00(月曜休)

とチョークで認められています。

 

florist's storefront.jpg

花屋さんの店先の『出茶屋』(小屋)さん

 

小屋の裏側にまわってみると、小型の低いテーブルがタテに並べられ、その両側にかわいいイスが並んでいます。テーブルのあいだには七輪が置かれなかに炭が赤々と熾きています!

赤い炭火に手を翳すと掌に暖かい柔らかなやさしい熱が伝わってきて・・・離れられなくなります。

ここに10人ほどのお客さんが腰かけられるようになっています。

10人ほどのお客さんが炭火を囲んで、掌を翳し無言で談笑している情景が浮かんできます。

 

inside the shop behind the hut.jpg

小屋の奥にある店内はビニールシートに覆われて暖かい

 

冬の寒い日

ここに来て

珈琲をすすりながら

赤々と熾きる火に掌を翳して

目を閉じて

なにも考えず

ぼーっとしている・・・ひととき

なんて贅沢なんでしょう!!!

 

通ってしまいそう!!!

『出茶屋』(小屋

http://www.de-cha-ya.com/

 

coffee and tambour.jpg

コーヒーと七輪

 

『出茶屋』移動型(リヤカーバージョン)さんも、

とっても興味深いので、

あとでご紹介させていただきます!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう