玲音香琲(Lennon Coffee れのんこーひー)2018.10.27

the beatles' soft vinyl doll.jpg

 

ビートルズの曲に浸りながら

高貴なコーヒーに酔える

珈琲専門店

 

roasted beans for sale.jpg

瓶に入れられ陳列されている販売用の焙煎マメ

 

10月下旬、土曜の昼下がり。

柔らかな日差しが店内に差し込んでいます。

今日は朝から初夏のように暖かいので半袖すがたで家を出ました。

季節外れのあたたかさですが、それでもこの週末に暖房用の石油をひと缶購入しました。

 

○ ○ of the Beatles displayed in the shop and electric guitar owned by the owner.jpg

店内に展示されたビートルズの○○とエレキギター

 

🎼 昨日はすべてのトラブルが遠く見えたのに 🎶

🎵 今ではここに居座っているよ 🎶

🎶 昨日を信じてる 🎼

 

ポールマッカートニーの訴えかけるような哀しげな『Yesterday』が店内に流れています。

この声

このリズム

このテンポ

懐かしい歌の響きにすこしむねがふるえている。

やっぱりビートルズは素晴らしい!

 

collage of the beatles drawn by shopkeepers.jpg

店主さんがコラージュ風に描いたビートルズの絵

 

ケンさんがいま座った席の隣向こうのテーブルで二人のご婦人が熱心に会話を交わしている。

銘柄などは店主さんにおまかせしてホットコーヒーをお願いしました。

店主さんにその銘柄を教えて頂きましたが、すでに忘れています。

 

lady passionate about conversation.jpg

会話中の婦人客

 

店主さんがイタリアンのシェフさんだったというのを聞いて、さっき谷保駅前のインド料理屋さんでカレーのランチをお腹いっぱい食べてしまったことを、悔いた。

その店を出たあと、近くの『ここたの』(カフェ)でコーヒーと「カボチャのタルト」を食べたのでお腹がぱんぱんになったままいまも元に戻っていません。

これ以上はコーヒーもお腹に入らない状態です。

だけど・・・

不思議なことに・・・

カップを口に持っていくとコーヒーがスルリと滑るようにお腹に落ちていった・・・

すごく・・・旨かった!!!

高貴な香りに包まれて、

かなりダラシナイ顔になっているはずです。

いつも、そうか・・・。

このコーヒーの淹れ方をなんとか伝授して頂けないだろうか・・・。

 

elegant rich and noble incense coffee.jpg

上品なコクと高貴な香りのこのコーヒーはどのように引き出されるのだろう?

 

「ロースターはお店の奥ですか?」

ロースターが見当たらないので訊いてみました。

「店内にはないですが、奥にあります」
(店主さん)

 

coffee menu.jpg

『玲音香琲』コーヒーメニュー

 

ビートルズの BJM が

『Yesterday』

から

『Imagine』

に変わった。

 

🎵 想像してごらん 天国のない世界を  🎶

🎶 やってごらん 簡単なことさ 🎵 

 

二人のご婦人のお客さんが立ち上がって出口に向かいました。

 

tea menu.jpg

『玲音香琲』ティーメニュー

 

店主さんは奥からザルに入った、焙煎を終えたコーヒー豆を持ってイスに座ると、なにやら豆を弄りだした。

「それは、何をしているのですか?」
(ケンさん)

「不良の豆を取り除いています」
(店主さん)

「選別の作業を焙煎の前にやらないのですか?」
(ケンさん)

「焙煎の前にもやりますよ」
(店主さん)

「焙煎の前と終わった後と、2回やるのですか?」
(ケンさん)

「そうです」
(店主さん)

ケンさんは、それを聞いてびっくりしました!

今までそういう発想がなかったのです!

 

shopkeeper sorting roasted coffee beans.jpg

焙煎されたコーヒー豆に更に選別を加える店主さん

 

「そうすると、2回の選別を終えた後にのこる、つまり、実際に商品として使う豆は全体の何パーセントになるのですか?」
(ケンさん)

「だいたい70パーセントくらいです」
(店主さん)

「そんなに少なくなっちゃうんですか!」
(ケンさん)

「そうですよ・・・」
(店主さん)

ケンさん・・・絶句。

 

a coffee tool displayed for sale.jpg

販売用に陳列されたコーヒー器具類など

 

「中に虫が入っている豆、欠けている豆、カタチのわるい変形している豆、変色しているもの、全部取り除きます。そうすると3割くらいのロスが出ます」
(店主さん)

気がつくと BJM が

『Imagine』から

『All You Need Is Love』

に変わっている。

 

meals menu.jpg

『玲音香琲』食事メニュー

 

コーヒーの生豆は二度の選別を終えたあと、7割に減ってしまうのだ・・・。

その作業が、この味と香りを引き出す重要な一因となっていたのだ・・・。

目からウロコが剥がれる思いだった。

茫然自失。

『ケンさん、コーヒーのことなにも分かってないじゃないか!』

そんなケンさんのすがたを見て、店主さんはお店の奥に立てかけてあるいくつかのエレキギターのなかから赤いのを取り上げて、BJMに合わせて爪弾きはじめた。

そして・・・、

 

cool as good as john lennon handsome.jpg

ジョンレノンと同じくらいカッコイイのに、顔をアップしちゃダメだって!

 

「その作業をきっちりやらないと、香り高い高貴なコーヒーを抽出することはできません」

店主さんは、きっぱりそう言うとギターを元に戻した。

 

"Rennon coffee" exterior

『玲音香琲』外観

 

うちに帰ったら試してみよう!

自分で炒って、自分で淹れたコーヒーが一番美味しいと思っていたけど・・・、

これからは更に美味しいコーヒーを自宅で淹れることができる!

選別で生じるロスの量を無意識のうちに恐れていたのかもしれない。

炒り終わった豆が少なくなってしまうのを自分は怖がっていたと思う。

ロスを恐れてはいけないのだ。

これからは炒り終わった後もかならず選別を加えよう。

ロスを恐れていると、美味しいコーヒーを手に入れることができないことがわかりました。

店主さんにこころから感謝します!!

 

evening scenery near "rennon coffee".jpg

『玲音香琲』付近の夕景

 

となりの魚屋さん、

そのとなりの八百屋さんの店先に夕闇が迫っています。

 

『玲音香琲』の窓から

ジョンレノンの

『let it be 』

の叫び声が聞こえてきた。

 

evening scenery in front of yagawa station on jr nambu line.jpg

JR南武線 矢川駅前の夕景

 

『玲音香琲』
(Lennon Coffee  れのんこーひー)

基本情報:

所在地:国立市富士見台 4 – 23 – 10

営業日 : [水 ~ 月]
    10 : 00 ~ 20 : 00( L. O. 19 : 30 )
    [日 ・ 祝]
    10 : 00 ~ 20 : 00( L. O. 19 : 30 )

定休日 : 火曜日

営業時間:

でんわ:042 – 573 – 4662

席数:10

喫煙席:ありません

オープンから:17年

建造物:年

最 寄 駅:JR南武線 矢川駅 徒歩6分
(アクセス)距離約 200メートル
      

URL:

Twitter & instagram:

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう