珈琲屋 トムネコゴ 2017.10.25

contrabass.jpg

 

文人の書斎のようなカフェ

 

このお店でくつろいでいると名文が書けそうな気がしてくる

そんな不思議な空間です

 

a sign.jpg

入口脇の看板

keio line inokashira park station.jpg

京王線井の頭公園駅下車

3 minutes on foot from the station.jpg

駅から徒歩3分です

tomneco blend.jpg

トムネコゴ ブレンドをお願いしてみました

mr. matayoshi of the writer.jpg

作家の又吉さんが入り浸りそうな雰囲気の店内です

 

 

このテーブルの天板には古い日本のガラス戸が用いられています。ガラス戸がこのような使われ方をするのを初めて目にしました

天板のガラス戸は、加工されたスチールのような金属製の細い丸棒によって支えられています

室内の空間はほぼすべて古材によって覆われています。その効果も手伝ってか、室内はしんと静まりかえり内からも外からも音は聞こえてきません・・・足元から響いてくるクラシック音楽以外には

わたしが訪れたこの日は、小雨が降り続いていましたので北側の道路の向こう側を流れる川の瀬音がわずかに聞こえてはきましたが・・・

 

 

coffee was extracted.jpg

コーヒーを淹れていただきました

 

 

トムネコゴブレンドは、雑味がなく、すっきりと切れのある、かぎりなく琥珀色の透明なコーヒーです

 

 

cats play.jpg

一人遊びするネコちゃん

bookcase.jpg

整頓された書棚

cd shelf.jpg

CDの棚

kitchen.jpg

台所を垣間見る

 

 

台所の仕切りの向こう側にマスターさんがいる・・・はずです

 

 

airplane.jpg

クラゲのようなランプの射程内に入ったヒコーキ

antique table.jpg

アンティークのテーブル

 

 

このイスに人がいても、いなくても

不思議と落ち着いた空間です

 

 

modern jazz.jpg

モダンジャズが流れています

 

 

聞こえてくるのは

モダンジャズと

川のせせらぎ

 

 

Contrabass.jpg

コントラバスの響きに揺れるススキ

 

 

それから

猫が奏でる

コントラバスのつぶやき

さわさわというススキのささやき

 

 

speaking floor.jpg

踏むと話しかけてくる床

 

 

それから、それから

微かな床のひとりごと

 

 

goodbye to cat.jpg

そろそろネコちゃんにサヨナラをします

 

 

わたしの無言の話しかけに応える

ネコがノドをゴロゴロ鳴らす音

 

 

corridor.jpg

廊下

 

 

ボーン、ボーン

という柱時計が刻を告げる音

 

 

rivers and tracks.jpg

道路の向こう側の川

 

 

時おり通る井の頭線の

止まる音と

発車する音と・・・

 

晴れた日には

川向こうの公園から

賑やかな人の話し声が

聞こえてくるかもしれません

 

 

写真は、店主様のご了解を得て撮影させていただきました

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

Autor : ケン 東京都小金井市在住 個性派系カフェブロガー 個性派系カフェを探して武蔵野界隈に出没中