はこ哉(カフェ & ギャラリー)2017.11.29

appearance.jpg

 

青梅の歴史が織り込まれた

美しい「夜具地」に

出会えるカフェ

 

table mat.jpg

テーブルマットに姿を変えたむかしの夜具地

 

「ハコナリ」って、きれいな屋号ですね。

ケンさんがそういうと、

「ハコヤ」と言います。

店主の金子静江さんは、そう正してくださいました。

 

お店は15年前に開店されたそうです。

店内を見回してみると、きれいで新しそうにも見えますが15年も経っているのですね。

また、この建物の骨格及び基礎的な材料は、近隣の歴史ある建築物を移し再構築されたものだそうです。

いわゆる、移築されたということになるのでしょうか。ご説明いただいているのですが、後日、もうすこし詳しく再確認してみたいと思います。

 

in-store1.jpg

店内➀

stairs to the rest room.jpg

レストルームへの古材の階段

door of the back room.jpg

奥の部屋にある扉

ceiling beam.jpg

屋根とおそらく建物の側壁を支える天井近くにわたされた梁

restroom entrance.jpg

レストルーム入口

rest room window.jpg

レストルームの窓

sink of the restroom.jpg

レストルームのシンク

 

美しいと形容する、その範疇を超えた個性あるこのようなお店を、どのような人が創るのでしょう?

ヒントは、『cafe  ころん』さんのお店にある資料に求めることができます。

そこにはこのように記されていますので、一部を転記してみます。

「この街を歩くと荒井マッキーさんの作品にあちこちで出会うことができます。~中略~ ガチャまん商会。住江町の駐車場にたたずむ電話BOX。その先のはこ哉。~以降略~」

荒井マッキーさんという方が手掛けたお店なのですね。

隅々に配慮され行き届いた細かな神経。センスが良い、という範疇を超えたアート作品といえるのではないでしょうか。『はこ哉』さんはカフェのほか、ギャラリーにもなっています。

 

ブレンドをおねがいしました。

 

blended coffee.jpg

はこ哉ブレンド

 

コーヒーカップの下に、不思議な色の織物が敷かれています。

むかし、この青梅で生産され織られた夜具地がテーブルマットにすがたを変えて蘇っているのです、と金子さんは説明されています。

カウンターの下に、おなじ色調の異なった柄の織物が積み重ねてあるのが見えます。

店主の金子静江さんは、

この「青梅夜具地」のご本を出版されていますので、一部を紹介させていただきます。

 

『元恵叔母さんの青梅夜具地』

 

front page.jpg

『元恵叔母さんの青梅夜具地』表紙

green is very vivid.jpg

緑がとても鮮やかです(本文より)

 

「汗をかいたり、おねしょをしたり 毎日使う布団は度々作り直されます」

このページの文頭にこのように書かれています。

布団はたびたびほどかれて再生しなおされていたのですね。

布団としての役目を終えた、その一部がいま、わたしのテーブルの上に置かれています。

赤ちゃんや子どもたちがこの上で、この下で、汗をかいたり、おねしょをしたりしていたのです。

そのやわらかな表面をそっと指の先でなぞってみると、子どもたちの体温が伝わってくるようで頬ずりしたくなってきます。

 

taisho 12 years.jpg

写真提供:並木幾三郎 大正12年の並木織物工場内(本文より)

 

このページの左ページには以下のように記されています。

 

青梅の織物の歴史は室町時代からともいわれ、万葉集などの古い文献にも度々登場します。

1907年(明治40年) 青梅にも力織機が導入される。

1950年(昭和25年)頃 ガチャ満景気となり、青梅夜具地の生産が全国の約80%を占める。

 

このデータは、織物が青梅の経済を支える主要な産業の一つであったことを裏付けていると思われます。

最盛期にはこの地に800件もの機織り工場が存在していたそうです。

 

brilliant vermillion.jpg

鮮やかな朱色(本文より)

unusual pattern.jpg

めずらしい模様(本文より)

impressions.jpg

奥付

 

奥付上の後記には、

「12年前に、友人から手元に届いた青梅模様夜具地に魅せられ、改めて夜具地を見つめ、大切にしてゆきたいと思いました。
今回は、物を大切にした時代を生きた『元恵叔母さんの青梅夜具地』を友人の力を借りて作成しました。

内容や文字等間違いもあるかと思いますが、ご理解いただけたら幸いです。」

と記されています。

 

regenerated table mat.jpg

テーブルマットに再生された夜具地

 

時間、時代、ヒト、との共同作業でつくりあげられた世界。

あの時代にタイムスリップしなければ二度と作ることはできないでしょう。

バルビゾン派や印象派の作家たちが生み出した作品が二度と作成できないのと同じように・・・。

だから、現代に生きる人はこのような時間の折り込まれたオブジェに惹かれるのだと思います。

 

the sun is about to fall.jpg

陽が落ちようとしています

 

赤ちゃんが母親の胎内にいるときって

きっとこんな感覚なのかもしれません。

また長居してしまいました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう